2010年03月10日

みんな、twitter、twitterと言うけれど…

こんにちは。twitterを研究しているyu yuです。

これから、情報発信をしたいという方と話してきました。

話していて感じたことで、本当に当たりまえの事を書きますが、ブログにしても、twitterにしても、自分が想像している以上に、ブログやtwitterを上手に使いこなしている人って少ないのではないかと思いました。

ブログやtwitterを当たり前のように使いこなしている、集団に属していると本当に、その初心の気持ちや自分が初めて、ブログやtwitterに触っている気持ちを忘れがちになってしまいます。

twitterをやっている人同士だと、twitterって本当にすごいねという話になりますが。


その周りから一歩抜け出すとそのお話は通じなくなります。

でも、実際には、ブログはすぐに飽きてしまう…。

続かない…。

続くけれど、趣味の世界(知人に伝えるだけ)しか書かない…。

続くけど、面白さが分からない。

集客したい。

等々。案外、こういう事に困っている人が多いのかなと。

その仮説が正しい場合、自分自身のような、教育のバックグラウンドがあると、ちょっと有利なのかなと感じています。

自分の経験則だけでなく、理論研究に基づいた話もできますので。

ちなみに、教育というと、学校のような、先生が生徒に教え込むといった事が想像できると思いますが、

今の教育研究はいかに、自分で学ぶか、周りの人からどうコラボレーションするかに主眼が置かれているように感じます。

そのような悩んでいる方たちを支援していけたらいいなと考えています。
posted by yu yu(ゆーゆー)twitter学術研究・実践家 at 16:00| Comment(2) | twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
プロローグ的なこと長くね?
Posted by ken at 2010年03月11日 16:55
たしかに、冗長な文になってしまってましたね。ご指摘どうもありがとうございます。
Posted by yu yu at 2010年03月11日 17:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。